体験型の美術館「養老天命反転地」の楽しみ方を伝授!詳細情報もりだくさん!

スポンサーリンク
お出かけ

「養老の滝」でも知られる岐阜県養老町にある「養老天命反転地」は、体験型アートミュージアムです。

美術家の荒川修作氏とそのパートナーであるマドリン・ギンズ氏によって構想された巨大な公園で、近頃では多数のメディアでも紹介されています。

子供から大人まで楽しめる「養老天命反転地」の魅力をはじめ、アクセス・料金などなど有益な情報をお教えします!

スポンサーリンク

「養老天命反転地」ってどんなところ?

入場すると、まず「養老天命反転地記念館」という巨大な建物があります。

十二単の羽衣を着た天女が空から舞い降りてきたかのような色鮮やかな建物で、外壁の24色は全て内部にも反映されおり、不思議な空間を作り出しています。

周辺には、「昆虫山脈」「不死門」「極限で似るものの家」という、名前からは想像もつかないようなオブジェや建物が連なっています。

「極限で似るものの家」は、屋根が岐阜県の形をしているんですよ!

建物の中は迷路のようになっていて、どこからでも出入り可能です。

天井部分を見ると、そこには1階部分をそのまま反転した世界が広がっており、非現実的な世界を味わうことができます。

「精緻の棟」の先は、アップダウンの激しい道が続きます。

ちょうど中心に位置する「宿命の家」は、小さな子どもでも越えられる程の低い壁が巡らされています。

見ようによっては廃墟にも見えるところですが、足元を見るとキッチンなどの「生活の場」が閉じ込められています。

他にも多くの施設があり、その1つ1つに芸術性を感じることができますよ!

「養老天命反転地」の施設情報

「養老天命反転地」の入場料やアクセス情報をお教えします!

住所

〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298-2

入場時間

9:00~16:30で、開園時間は9:00~17:00です。

施設料金

大人は(個人)770円 (団体)530円、高校生は(個人)510円 (団体)380円、小中学生は(個人)310円 (団体)210円です。

電車での行き方

養老鉄道「養老駅」で下車し、徒歩約15分です。

車での行き方

養老I.C.からは約10分、大垣I.C.からは約20分、関ヶ原I.C.からは約25分です。

※施設周辺に有料・無料駐車場があります。無料駐車場の方が近いので、無料駐車場の利用をオススメします!

※第1駐車場は181台、第2駐車場は133台、第3駐車場は69台駐車可能です。

養老天命反転地の楽しみ方♪

「養老天命反転地」はただのアートミュージアムではありません。体験型のミュージアムなので、動きやすい格好で行くのがポイント!

施設内には傾斜が急なところもあります。特に女性は、スカートやヒールのある靴は避けた方がよいと思います。

私は、スカートを履いてヒールのある靴でお出かけすることが多いですが、ここへ行く時はオシャレよりも「動きやすさ」を重視した格好を選びます(笑)

また、運動不足の人にもオススメ!

巨大な公園なので、全てまわろうと思うと、かなり歩きます。

春は、「養老天命反転地」と隣接する「養老公園」に桜が咲きほこり、お花見スポットとしても有名です。

桜を見ながら、施設内を散策するのもよいですね!

ぜひ不思議な空間を体験してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました