金華山夜景の見どころは?アクセス方法など地元民が有益な情報を教えます

スポンサーリンク
お出かけ

岐阜県岐阜市にある金華山は標高約329mの山です。

山頂には岐阜城があり、天守閣から360度岐阜の街並みを見渡すことができ、金華山の展望台からは日本三大夜景にも引けを取らないほどの絶景を楽しむことができます。

また、展望台からは岐阜市内を一望することもできますよ!

山頂へはロープウェイを使って行くのですが、金華山山頂駅までを約3分で結ぶ金華山ロープウェイ山麓駅や金華山登山道の登り口が「岐阜公園」にあります。

岐阜公園は市民の憩いの場として多くの人が訪れる公園です。

そんな岐阜公園の施設案内をお伝えするとともに、岐阜県内では最も有名な夜景スポットである金華山の夜景についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

岐阜公園ってどんなところ?

金華山のふもとに広がる岐阜公園は、戦国時代の岐阜城主であった斎藤道三や織田信長の居館があったとされる場所です。

日本の歴史公園100選の1つとして認定されています。

金華山の大自然に包まれた園内には、「信長庭園」をはじめ「信長居館跡」「冠木門」「岐阜市歴史博物館」「加藤栄三・東一記念美術館」「立礼茶室華松軒」「名和昆虫博物館」など多くの施設が並んでいます。

現在は、「信長公の鼓動が聞こえる歴史公園」として再整備が進められています。

金華山の夜景の魅力

金華山の夜景は岐阜城のある山頂からが一番きれいな夜景を楽しむことができます。

360度見渡すことができる夜景は、まるで一面に宝石を散りばめたかのような美しさです。

どの角度から見ても美しいので、うっとりしながら見ていると時間を忘れてしまうほどです。

ここへはロープウェイもしくは徒歩でしか行くことができませんので、ご注意ください。

金華山展望公園なら車で展望台まで行くことができますので、気軽に訪れることができます。

高度はそれほど高くはありませんが、金華山展望台からの夜景は光量が多く、長良川がアクセントとなっています。

金華山ロープウェイについて

岐阜公園から金華山山頂駅まではロープウェイを使って行きます。

運行時間が限られていますので、下記の情報を参考にしてください。

岐阜公園の住所

住所は、〒500-8003 岐阜県岐阜市大宮町1丁目です。

園内には24時間いつでも入ることができます。

金華山ロープウェイの使用料金

大人(往復)1,100円で、小人(往復)550円です。

18時以降は、大人(往復)900円、小人(往復)450円になります。

ちなみに、岐阜城の入場料は、大人200円、小人100円です。

運行時間

通常営業は9時~18時です。ただし、10/1~3/15(元旦除く)は9時~17時となります。

ナイター営業をしている期間ですと、22時まで運行しています。

詳しい時刻表は金華山ロープウェイのホームページにも載っているので、そちらをご覧ください。

電車・バスでのアクセス方法

JR岐阜駅または名鉄名古屋本線名鉄岐阜駅からバスに乗り、「岐阜公園歴史博物館前」で下車します。だいたい約15分ほどで着きます。

車でのアクセス方法

東海北陸自動車道「岐阜各務原I.C.」から約20分ほどです。

駐車場は200台ほど駐車可能です。

金華山展望公園について

金華山展望公園には2階建ての大きな展望台があり、岐阜市内を中心に夜景を一望することができます。

街との距離が近いこともあり、迫力のある夜景を見ることができますよ!

金華山展望公園の住所

住所は、〒500-8052 岐阜県岐阜市鶯谷です。

車でのアクセス方法

東海北陸自動車道「岐阜各務原I.C.」から約26分ほどです。

開通時間が決まっており、21時には閉鎖されてしまいますので、ご注意ください。

まとめ

金華山の夜景の見どころをお伝えしましたが、いかがでしたか?

金華山は、夜景100選にも認定されている岐阜県を誇る夜景スポットです。

時間帯が限られてはいますが、ベンチや停車スペースもありますので、ゆっくりと夜景を鑑賞することができます。

金華山の煌びやかな夜景を見れば、その美しさにうっとりしちゃいますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました