2020年版【人志松本のすべらない話】GACKT様の名セリフまとめ

スポンサーリンク
芸能人

2020年1月11日に放送された『人志松本のすべらない話』にGACKT様が出演しました。

どんな“すべらない話”をしてくれるのか期待していた人も多かったのではないでしょうか?

そして、「今回も“名セリフ”が出るのではないか・・・?」なんて思っていた人!いますよね?

私は思っていました、とっても期待していました(笑)

やっぱり、さすがはGACKT様!今回もたくさん名セリフを残してくれたので、まとめてみました!

また、今回も「Twitterの素材に使えるGACKT様の名セリフ」が人気を集めていますので、名セリフごとにご紹介していきます。

「人志松本のすべらない話」の詳細・結果が知りたい人はこちらからチェックできますよ♪

『すべらない話 GACKT様初参戦!GACKT様のすべらない話とは?みんなの評判は?』

スポンサーリンク

名セリフはどのように生まれたのか?

「Twitterの素材に使えるGACKT様の名セリフ」をGACKT様の表情にも注目しながら見ていきましょう。

「こんなGACKT様見たことない!」という表情もあるのではないでしょうか?

どのような会話の流れで出たセリフなのかをお伝えしていきますね。

①「飲んできました」

今回「人志松本のすべらない話」に出演するにあたって、いろんなスタッフから「けっこうプレッシャーやばいよ?」と脅されていたみたいです(笑)

あまりプレッシャーを感じるタイプではないGACKT様も胃が痛くなったとか・・・。

その結果、あまりにのプレッシャーに耐えられず、お酒を飲んできたとのこと。

そのセリフがこちらです!

 

 

 

 

GACKT様はお酒に逃げたんですね(笑)

②「吐きたいです」

①に続き、「(お酒を飲んだら)本来気持ちよくなるはずなんですけどね・・・」とGACKT様。

 

 

 

 

プレッシャーを感じすぎてか「吐きたいです」なんて!

表情からも読み取ることができるのではないでしょうか?

いつも“余裕”そうな雰囲気を出しているGACKT様なのに・・・

「人志松本のすべらない話」おそるべしですね(笑)

③「えっ?」

1つ目の「すべらない話“それは外すな”です。

GACKT様の過去のマネージャーさんで女性の「カナモリさん」という方のエピソードになります。

顔がペコちゃんみたいに可愛らしい顔なんだそうですが、怒られた時でさえもペコちゃんみたいな顔をするそうです(笑)

また、「えっ?」という顔をする時もやっぱりペコちゃんみたいで、その顔真似がこちらです!

 

 

 

 

こんなGACKT様の表情はなかなかレアだと思いませんか?(笑)

④「そっちじゃねーよ!」

「カナモリさん」は天然キャラで、さらには空気が読めない方だとか・・・。

ライブ後のある日、GACKT様がコンサートの演出について舞台監督と話しているときに、カナモリさんに“席を外してほしい”という意味で「ちょっと外してくれ」と言ったところ、残念ながら彼女にはその意味が伝わらず、壁にかけてあるGACKT様のコートを外してGACKT様の背中にかけようとしたみたいです(笑)

だから、GACKT様はカナモリさんに「そっちじゃねーよ!」と言ったとのこと。

GACKT様が指摘して、「外す」の意味を理解したと思いきや、今度はGACKT様のネックレスを外そうとしたみたいです。

ネックレスが外しづらかったらしく、「すいません、外れません・・・」と言ったカナモリさんに対して、再度「そっちじゃねーよ!」とGACKT様。

このキレキレのツッコミはまさに「名セリフ」と言えるでしょう!

 

 

 

 

⑤「ちょっとそこの星まで・・・」

2つ目の「すべらない話“星に帰るマカベ”です。

マカベさんというマシュマロマンみたいなスタッフのお話になります。

ある日、けっこう大きな損失を出したみたいで、GACKT様がマカベさんにキレたみたいです(笑)

しかし、キレているGACKT様をマカベさんは見ていなかったらしく、ずっと目が合わなかったとか・・・。

心ここにあらず状態だったんですね、きっと。

そんなマカベさんにビンタをくらわせたGACKT様。

びっくりして急に現実世界に強制送還させられたマカベさんに対して、「おまえ、どこ行ってた?」とGACKT様が問うと、「ちょっとそこの星まで・・・」という返事がきたとのこと。

それがこちらです↓

 

 

 

 

これは、GACKT様ではなくてどちらかと言うとマカベさんの名セリフになりますね(笑)

⑥ドンッカンドンドンカーン

3つ目の「すべらない話“恐怖のイノグチ先輩”です。

GACKT様が中学生のときに、喧嘩がとても強く、一匹狼の「ルパン・イノグチ」と呼ばれる先輩がいたとのこと。

イノグチ先輩に万引きできないものはない!とまで言われていたみたいです。強者(笑)

ある日、GACKT様が友達とデパートにいたところ、偶然にもイノグチ先輩がそこに現れたらしく。

しかし、普段とは少し様子が違ったみたいで、デパートに入ってきたときから「ドンッカンドンドンカーン」と口ずさんでリズムをとっていたそうです。

様子を見るために後を追うと、ステレオ売り場にあったドデカホーンの前で立っていたイノグチ先輩。

GACKT様が「やばい、何かが起こる」と思っていた矢先に、イノグチ先輩が「ドンッカンドンドンカーン」と口ずさんでリズムをとりながら、そのドデカホーンを肩に担いで持って行ってしまったみたいです。

こんな感じで↓

 

 

 

 

これもGACKT様ではなくイノグチ先輩の名言ですね・・・。

⑦「青になれ青になれ青になれ」

4つ目の「すべらない話“タクシー”です。

GACKT様はこの話(事件)がトラウマでタクシーをいっさい使わなくなったそうですよ。

ある年に行われたクリスマスパーティーの帰りにタクシーを利用したところ、その運転手さんがものすごくクセが強かったみたいで。

その運転手さんは自分はバンドマンだと言い、GACKT様に曲を聞いてほしいとお願いしたみたいですが、「激しめの曲」と言いながらも何故かハーモニカを聴かされたGACKT様(笑)

ハーモニカの演奏は両手を使うので、信号が赤のときしか吹くことができないから、その運転手さんは信号が赤になる度にハーモニカを吹いて聴かせたそうです。

それが苦痛で仕方なかったGACKT様は、心の中でずっと「青になれ青になれ青になれ・・・」と叫んでいたとのこと。

 

 

 

 

懇願具合が表情に出てますよね(笑)

⑧「それは入れるなぁー!」

GACKT様が当時住んでいた練馬に到着して、料金を支払うためにタクシーのメーターを見ると、まさかのメーターがまわっていなかったという事件発生。

「最悪!」と思いつつも「いくらか言ってください」と運転手さんに言ったところ、「だいたい練馬までの距離であれば7,000円で、あと、あの、それプラス演奏量を・・・」と運転手さん(笑)

そして、またもやGACKT様の素早いツッコミが入りました!

こちら↓

 

 

 

 

「すべらんなぁ~」ですね!!!

GACKT様名セリフまとめ

いかがでしたか?

一部GACKT様ではない方のセリフもありましたが、どれも「名セリフ」に価するものばかりではないかと思います。

「人志松本のすべらない話」でも「Twitterの素材に使えるGACKT様の名セリフ」が数多くありました。


今後もたくさんの名セリフが出てくることを期待しましょう!

2020年1月1日に放送された「芸能人格付けチェック」のGACKT様の名セリフもまとめてありますので、こちらも見てみてください♪

2020年版【芸能人格付けチェック】GACKT様の名セリフまとめ

コメント

  1. […] → 2020年版【人志松本のすべらない話】GACKT様の名セリフまとめ […]

タイトルとURLをコピーしました