コーヒーにダイエット効果はあるの?ないの?どっちが本当!?

スポンサーリンク
美容・健康

仕事の合間や疲れた時にコーヒーを飲むとほっとしませんか?

普段何気なくコーヒーを飲んでいる人も多いと思いますが、実は健康や美容にも効果的な飲み物なんです!

今回はコーヒーが私たちに与える効果と効能をご紹介します。

体への効果を知ると、いつもよりコーヒーがさらに美味しく感じるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コーヒーの効果と効能

昔はコーヒーのカフェインが悪影響を及ぼすかのように扱われることが多かったです。

しかし、実は健康にいい成分もたくさん入っているんですよ。

では、具体的にどのような効果・効能があるのかを見ていきましょう!

脂肪燃焼

カフェインには脂肪燃焼の促進効果があるので、ダイエットに役立ちます。

また、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸もダイエットにぴったりなんです。

カフェインとクロロゲン酸でダブルの効果を期待することができます。

生活習慣病の予防

1日数杯のコーヒーは、糖尿病の発症リスクを下げてくれます。

クロロゲン酸が血糖値を下げてくれるので、生活習慣が原因の2型糖尿病に効果的にアプローチしてくれるんです。

また、クロロゲン酸などのポリフェノールには抗酸化作用があるのでアンチエイジングにもぴったり!

そして、免疫力に大きな影響を与える腸管免疫を活性化させる働きもあるんです。

リラックス効果

コーヒーの独特な香りは脳にアルファ波を出させます。

気持ちを落ち着かせてリラックスさせるのにすごくいいです。

また、コーヒーにはうつ予防の効果があることがわかってきています。

アメリカのハーバード公衆衛生大学院によると、1日2~4杯のコーヒーを飲むと自殺の危険性が50%低下すると研究結果が出されています。

カフェインの覚醒作用

コーヒーが眠気覚まし効果で有名なのは、みなさんご存知ですよね?

カフェインがアデノシンという睡眠物質をブロックして、眠気を吹き飛ばしてくれます。

口臭予防

コーヒーに含まれるフラン類という成分には臭い消しの効果があります。

ニンニクやニラを食べた後にコーヒーを飲むのがオススメです!

一時的に片頭痛を軽減

カフェインには血管を収縮させる作用があります。

片頭痛は血管が急に拡張することが原因とされているので、コーヒーを飲むことで一時的な軽減が期待できるんです。

二日酔いの予防

苦しい二日酔い対策にもカフェインが効果的!

利尿作用でアセトアルデヒドを早く排出することができるんです。

肝硬変のリスクを下げる

1日1杯以上のコーヒーが肝硬変のリスクを20%減少させるという研究結果が出ています。

また、がんの予防にも効果があるという研究結果も出てきています。

コーヒーの効果を高める飲み方

コーヒーには様々な効果があるということを知ってもらえたと思います。

ですので、ここからはより効果を高められるコーヒーの飲み方をお伝えしていきます。

脂肪燃焼効果が欲しいなら、ブラックがオススメです。

さらに、ホットなら脂肪酸の吸収もよくなりますよ。

ブラックコーヒーならカロリーもゼロです。

運動の20~30分前に飲むことがポイント!

ダイエットに絞るなら、グリーンコーヒーもオススメです。

グリーンコーヒーは焙煎していない生豆の状態のコーヒーなので、ダイエット効果が高いですよ。

ただし、味がコーヒーとは違って飲みづらいので好みが分かれるかも・・・

コーヒーを飲むときの注意点

コーヒーの飲み方を間違えるとデメリットもあるので注意してください!

まず、カフェインには覚醒作用があるので、寝る前に飲むと眠れなくなります。

また、カフェインは摂りすぎると依存症になるので、1日2~3杯におさえるのがベターです。

コーヒーの効果は素晴らしいですが、だからと言って飲みすぎるとよくないことも知っておいてくださいね。

コーヒーのダイエット効果まとめ

いかがでしたか?

コーヒーには眠気覚ましの効果があるというのは有名な話ですが、ダイエット効果まであるなんて!と驚いた人も多いのではないでしょうか?

ブラックコーヒーを飲む習慣がついている人にとっては、知らないうちに脂肪燃焼などの効果も与えられていてラッキーな話だと思います(笑)

普段からコーヒーを飲むけど、砂糖を入れてしまうという人は、この機会にブラックにシフトしてダイエット効果も試してみてくださいね!

 

配信エラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました